「価値ある廃棄物に生命を与える」キャッチコピーの由来

 

いつもお世話になりありがとうございます😊
「価値ある廃棄物に生命を与える」
(株)リバイタライズの北岡です✨

前回のBlogでは”清掃作業”についてご紹介をさせていただきました✨

Blogをご覧いただいている数社の企業様よりご反響いただき、
中には「清掃作業してたんですね~❗知りませんでした~❗」のように
驚かれている方もいらっしゃったそうです。

↓1つ前のBlogです↓
「洗浄機の清掃を弊社にお任せいただくと」

よろしければBlogを読んで観てくださいね!!

お客様の中には弊社のことを
”産業廃棄物の処理をしてくれる会社”とか
”薬品の卸売り業”とか
”洗浄剤の製造業”とか
【何かの専門業社】と思ってくださる方も多いのですが
弊社は幅広くお客様と関わらせていただいておりますので

【何か解らないことがあったらリバイタライズさんへ】と
仰ってくださる方もたくさんいらっしゃるんですよ

 

そんな私たちですが【得意分野】は『洗浄溶剤』です🌈

特に、フッ素系・塩素系溶剤の知識には長けていると思います!

お客様に喜んでいただいている理由の1つは
【入り口から出口までのトータルサポート】

しかも、出口である「産業廃棄物処理」を
【リサイクル(再生利用)や買取り】を提案できることで
企業様にご負担いただく部分が大幅カットできることが
他の販売業者様との違いだと私は思います😊

「廃棄物を買取り!?」

と、驚かれる企業様もいらっしゃるかと思いますが
ここ最近の地球環境保全の傾向として珍しくないケースなんですよ🌈

ただ、小ロットで対応できるところや
品質の証明や、安心かつ安全性を考えると
お任せできるところは少ないのかもしれません。

その点で言うと、弊社は
前進会社が産業廃棄物中間処理をしていたことや
現在でも収集運搬の許認可を持っていることから
行政対応もしっかりさせていただいておりますし、

もともとが小ロットが得意なので問題ありません。

もちろん、どんなものでも買取りできるのではなく
きちんと分析を行って合格したもののみ
ご対応させていただいております!

どのような分析かというと
実際の使用済み液を少量サンプリングさせていただいて
弊社の設備で、実際に加工してみて
出来上がった再生品が市場性価値のあるものかどうかを
ガスクロマトグラフやカールフィッシャー等を用いて分析していきます。

このように市場性価値のある再生品に加工できるのであれば、
【再生液の原料】として取り扱うことができ
リサイクルや買取りといった方法で取引可能なのです☝

↓こちらでも説明させていただいています↓
「弊社ホームページ”サンプル評価”」

このように再生原料として取り扱えるとなれば
「使用済み液」ではありますが「産業廃棄物」ではありません。

弊社のキャッチコピーでもある
~価値ある廃棄物に生命を与える~という文言は
この再生技術から生まれたフレーズなんですよ✨

 

本日は弊社の得意分野の『洗浄溶剤』の中から
更に喜んでいただいているサービス内容である
【使用済み液のリサイクル・買取り】についてを
Blogでご紹介させていただきました💐

ちなみに、再生原料として取扱い可能かどうかの試験は
弊社で無料でさせていただいておりますので
気になる企業様はいつでもお問合せくださいね💌

本日もBlogをご覧くださりありがとうございます✨
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


~価値ある廃棄物に生命を与える~

(株)リバイタライズ
ホームページ http://www.rev-rev.co.jp/
電話番号   072-883-5810
MAIL      post@rev-rev.co.jp
お問合せフォームはコチラをクリック

【今回のBlog担当:北岡知(事務)】

blog用 北岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です